LOGO

情報信頼性プロジェクト(本プロジェクトは2010年度をもちまして終了いたしました)


お知らせ

  • Web情報分析システムWISDOMを公開中です。
  • 情報信頼性プロジェクトの成果報告書『情報分析システムWISDOM -Webの健全な利活用を目指して-』 [PDF]を公開しました。
  • 2011/9/1 (Thu) WISDOMに組み込まれている意見(評価表現)抽出ツールが独立行政法人情報通信研究機構情報分析研究室より公開されました。また、同研究室は意見(評価情報)抽出ツール用モデルを高度言語情報融合フォーラム(ALAGIN)を通じて提供を開始しました。
  • 2011/4 木俵豊(グループリーダー)・黒橋禎夫(プロジェクトリーダー、京都大学大学院情報学研究科教授)・赤峯享(専門研究員)が「情報分析システムWISDOMの開発」において、第43回市村学術賞貢献賞を受賞しました。
  • 2011/3/31 (Thu) プロジェクト終了
  • 2011/2/9(Wed) 木俵豊(グループリーダー)・黒橋禎夫(プロジェクトリーダー、京都大学大学院情報学研究科教授)・赤峯享(専門研究員)・河原大輔(京都大学大学院情報学研究科准教授)・加藤義清(主任研究員)が情報分析システムWISDOMの開発により第56回前島賞を受賞しました。
  • 2010/12/1(Wed) キーマンズネットでWISDOMが紹介されました。
  • 2010/11/5(Fri) 読売新聞(山城地域欄)でWISDOMが紹介されました。
  • 2010/11/4(Thu)-6(Sat) けいはんな情報通信研究フェア 2010でデモを行います。
  • 2010/10/15 黒橋禎夫プロジェクトリーダ(京都大学教授)がドコモ・モバイル・サイエンス賞を受賞しました。
  • Web文書収集実験について
  • (過去のお知らせ)

概要

計算機・計算機ネットワークの進展に伴い、ウェブ、電子メール、企業内文書など、言語によって表現される情報・知識の流通・集積が膨大となり、これが人々の生活の判断基準を与え、国家の政策、企業の経営方針までも左右しはじめている。このような文書情報の中から、信頼できる情報を取り出し、特定の課題についての情報を組織化して、背景的知識、事実、論点、意見分布などを的確に抽出する技術は、今後の健全な社会のための基盤技術となる。本プロジェクトでは、このような情報信頼性評価に関する総合的な研究開発を行う。(詳細)

メンバー

  • 木俵 豊(グループリーダー)
  • 黒橋 禎夫(プロジェクトリーダー、京都大学 教授)
  • 乾 健太郎 (東北大学 教授)
  • 河原 大輔 (京都大学 准教授)
  • 赤峯 享 (専門研究員)
  • レオン末松 豊インティ (専攻研究員)
  • 川田 拓也 (有期技術員)

過去に在籍したメンバー

  • 中川 哲治
  • 加藤 義清
  • 森井 律子

連絡先

〒619-0289
京都府相楽郡精華町光台3-5
情報通信研究機構 知識創成コミュニケーション研究センター 知識処理グループ
Phone: 0774-98-6880
Fax: 0774-98-6960
E-Mail:
Last Modified: Tue, 2011-11-15